美吉野醸造株式会社

美吉野醸造の醸す酒

一般的な分類だけに縛られない酒造り

お酒の分類は純米酒、純米吟醸、純米大吟というように、精米歩合による分類分けと、山田錦や雄町などの酒米の品種によってわけることが一般的です。
あと、酵母菌の種類による分類、たとえば香りを出す酵母菌、酸を出す酵母菌、など酵母菌の種類を変えることによって味わいを変えているお蔵さんも多いと思います。美吉野醸造では、そういった分類にとらわれずに、質感を重要視しながら商品カテゴリーを分けています。3種類の酒母を造り分けたり、酵母無添加での酒造りを行うのも質感・雰囲気を大切にするためです。
 
※2017醸造年度より弊蔵のすべての酒を酵母無添加で製造しています。

美味しさの幅が広がる酒

花巴限定流通品

発酵の奥深さや、特別感を強く感じられるような酒に仕上げています。
というのも、最初の呑み口に驚き(びっくり)を感じる方がおられます。それだけインパクトを持った酸を感じるお酒であり、知れば知るほどこのお酒の価値がわかっていただけるのではないかと考えています。個性のあるお酒だからこそできる提案を価値とし、お客様へ新たな最高の1本をおすすめすることができる商品知識のある販売店様と共に進めている限定流通商品です。
 

飲みアキのこない日常のお酒

花巴正宗

創業当時の味わいを少しづつ進化させ、個性のある飲みやすさを備えたお酒。日常的に飲める優しさを備えたお酒でありながらも力強い個性も感じる。そんな丁度よい花巴を感じられるようなお酒を目指しています。定番のお酒から季節限定酒など年間を通じて楽しめるラインナップになっております。
 

木の町 吉野の酒造り

樽丸・百年杉 木桶仕込み

林業の町吉野。そこで酒造りをしていたにもかかわらず気づかなかったことがありました。これは「吉野杉のよさ」を伝えるため、「木のある暮らしを物語る協議会(山守、製材、樽丸、醸造)」による木桶仕込みの復活プロジェクトで、それぞれの業種の出来ることを最大限に発揮し活かした、吉野の産業が繋がって醸したお酒です。
木を通じて学びを得た酒造りは、きっと吉野を訪ねて呑んでいただければ腑に落ちると思います。吉野の地でお待ちしております。
【酒蔵限定販売品】
※一部の販売店での取り扱い・イベントなどで出店することがございます。
 

暮らしの中の安らぎの晩酌地酒

蔵王桜

蔵王桜は気楽に普段飲みできるお酒。普段のご家庭でお酒だけに向き合って食事をすることはほぼないはずです。お酒の事を考えなくても、今までにない味わいの楽しさや驚きを感じながら、蔵王桜 1本で和食、洋食、中華など幅広い料理とあわせることが出来るお酒に仕上げております。酒と料理の相性を徹底的に追及するのが飲食店であるのに対し、ご家庭での食事では考え過ぎず「ホッ」とする瞬間が大切だと思います。お酒に気をとらわれず楽しく豊かな食事ができ、食後にふと思い返すと蔵王桜が机の上にある。そんな個性あふれる地酒でありながら身近に寄り添える酒が、この蔵王桜です。
 

味の決め手は酒造りで培った麹づくり

酒蔵古流 こうじ甘酒

酒造りで使う「こうじ」は、栗香と呼ばれる甘栗や焼き芋を思わせる甘く香ばしい香りが品質の決め手です。日本酒の蔵元ならではの麹菌による、香味バランスのよい麹造りから生まれる甘酒です。
保存料・添加物を加えないシンプルな原材料だからこそ、麹米には奈良県産のお米、仕込み水には大峰山系伏流水の甘く柔らかい湧き水を使用して素材の良さをお伝えしております。麹の力による糖化で糖類無添加ながら上品な甘みで昔懐かしい素朴な味わいが楽しめます。
 

美吉野醸造株式会社

吉野の風土に寄り添い、人の心に伝わり、感銘を与え、腑に落ちる酒

  • 飲酒運転は絶対にやめましょう。
  • お酒は20歳になってから。お酒はおいしく適量を。
  • 妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。