美吉野醸造が目指す酒造り

当蔵元「美吉野醸造株式会社」は、紀伊半島の中心部に位置する、千本桜で知られる奈良吉野で豊かな自然の恩恵を受け、手造りならではの「米の旨味が伝わる酒」を醸し続けております。
酒造りに不可欠な仕込み水には、いにしえの時代より湧き出でる「弓絃葉の井戸」と伝わる井戸から、大峰山系伏流水の清らかでいて、甘くやわらかな湧水を使用。

さらに原料である米は地元農家さんとの連携を深め、奈良県内では初めて作付する酒米「吟のさと」という品種の契約栽培を進めております。現在では「吟のさと」を中心に約80%を県内産の酒米にて醸造を行っております。

美吉野醸造の目指す、農と共に歩む酒造りの第一歩として、米づくりからの「顔の見える酒造り」をモットーに、お客様に変わらぬ美味しさをお届けできるよう、手造りによる丹精込めた酒造りに妥協は致しません。

一歩づつ確実に歩んで行けるよう、私どもが精一杯の努力を注いでお造りした「清酒花巴(はなともえ)」が皆様にご愛顧いただけますよう心より願っております。