花巴 山廃うすにごり 生酒Hanatomoe Yamahai Usunigori Muroka Nama

花巴 山廃うすにごり 生酒
※サー:サーマルタンク

山廃の柑橘的な酸は、最も寒さが厳しくなる1月頃に琺瑯(ホーロー)タンクで仕込むことで、蔵の中の気温も下がり低温で発酵が抑えられ、ゆっくり、じっくりとした発酵経過となります。
それゆえにワイルドな酸ではなく、優しい柑橘的な酸の雰囲気が出てくるように感じております。
その酸を活かすために、早稲の若さ・硬さがある米を用いて、少しの苦味と甘やかな雰囲気を纏うように、弊蔵の基準精米歩合よりも少し磨いてあえて溶けやすくなるように醸しております。
さらに、“うすにごり”にすることで口当たりの滑らかさを演出し、酸味と共に甘み・苦味・渋味が優しく調和する米の果実感が愉しめるお酒です。

生酒

火入処理を行わず無濾過生原酒として瓶詰めしております。
瓶詰めのタイミングによっては滓が入っている場合がございます。
冷蔵庫による低温貯蔵を行なっておりますので味わいの熟成変化もゆっくりと進みます。

販売価格 720ml ¥1,650(税込)

BY表記ラベル

美吉野醸造では醸造年度による差異があることを考慮し、商品ごとにBY表記をおこなっております。

BYとは

毎年7月1日から翌年6月30日までの期間を1醸造期間として区切ります。そのためBrewery YearをBYと略しています。熟成期間が長いものもございますので西暦にて表示しております。

例:2020年2月製造⇒2019BY / 2020年12月製造⇒2020BY / 2021年2月製造⇒2020BY